アイスランドの気候

アイスランドの気候・気温

アイスランドの気温

レイキャビクと東京の平均気温の違い

緯度が高いわりには冬も温暖な西岸海岸性気候。
アイスランドを囲むように暖流が流れている為、冬も同緯度の地域に比べてたいへん過ごしやすい。

レイキャビクの最も寒い時期の最低気温が-2度くらい。
東京の最も寒い時期の最低気温と比べても4度ほどしか違わない。

ただ天気は変わりやすく、風が強い。
風が強いため、気温以上に体感温度が寒く感じるので、冬の服装は防水・防風の上着を用意した方がよい。

夏はあまり気温が上がらず、東京の3〜4月くらいの気温。湿度は低くからっとしている。

アイスランドの日の出・日の入り時間

アイスランドの日の出・日の入り時刻

レイキャビクと東京の日の出・日の入り時刻の違い
(違いが分かりやすいよう、各月1日ごろの日の出・日の入り時刻を
数値化して折れ線グラフにしています)

アイスランドは北極圏に近いため、夏はあまり太陽が沈まず、冬は太陽の出ている時間が短い。
レイキャビクでは、最も日の長い時期(6月下旬)は、深夜0時ごろに日が沈み、すぐ3時ごろには日が昇る。
逆に最も日の短い時期(12月下旬)は、11時20分ごろに日が昇り、13時30分頃には沈んでしまう。
白夜・極夜に近い世界を体験することができる。

アイスランドの天気予報

Icelandic Met Office(アイスランドの気象庁のような組織)のこの先1週間の天気予報。
地図の下のスライダーで天気予報を見たい日時が選べます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加