ホフディ・ハウス(迎賓館)

höfði

ホフディ・ハウス

ホフディ・ハウス(höfði)は、レイキャビクの迎賓館。

迎賓館といっても豪華な雰囲気はなく、海岸近くの広い芝生広場の奥に、静かに建っている。
白い壁にグレーの屋根、ベージュの煙突と、左右対称の外観で瀟洒な印象。

1909年にフランス領事、Jean-Paul Brillouin氏のために建てられ、フランス領事館となった。
その後、詩人エイナール・ベネディクトソン(Einar Benediktsson)氏が購入し、長く住まいとしていた。
後に英国領事に売却され、1958年にはレイキャビク市が買い取り、会議や公式行事などに使用されている。

ホフディ・ハウスは、1986年10月にレーガン大統領とゴルバチョフ書記長が会談し、冷戦を集結させる協議をした場所として有名。
ホフディ・ハウスがその会談の地に選ばれたのは、アイスランドの首都レイキャビクがニューヨークとモスクワの中間にあたるため、とのこと。
この歴史的に重要な会談を記念して、建物内にはアメリカとソ連の旗が飾られている。

ホフディ・ハウスの地図

ホフディ・ハウスの観光情報

入館料:外部の見学は自由。内部は非公開

ホフディ・ハウスの関連ページ

アイスランド写真アルバム│ホフディ・ハウス』では、ホフディ・ハウスの写真がご覧になれます。また、『アイスランド旅行記│4日目(レイキャビク市内観光)』では、ホフディ・ハウスを訪れた際の旅行記がご覧になれます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加