ラーカギーガル[ラキ火山]

Lakagígar / Laki

IMG_3536

アイスランド南部にある火口群。
スカフタフェットル国立公園の一部で、キルキュバイヤルクロイストゥル集落の近くにある。

1783年〜1784年にかけて大きな噴火があり、割れ目から大量の溶岩が流出した。
アイスランドでは、1万人もの人が亡くなり、家畜は半分以上が死んだと言われている。

火山灰も大量に噴出し、アイスランドだけでなく北半球全体にわたって日照時間が減り、各地で飢饉にみまわれたという。

その恐ろしい噴火の火口群を見ることができる。

ラーカギーガルの地図

ラーカギーガルへの行き方

ラーカギーガルへは、夏季にはバスが運行している。

以下、2010年5月時点のラーカギーガルへのアクセス情報。

日本語で現地オプショナルツアーをインターネット予約するなら
【最低価格保証】アイスランドのオプショナルツアー予約なら <<Alan1.net / VELTRA>>

スカフタフェットル〜ラーカギーガル(Laki Craters)
ルートNo.:16
運行期間:7/1〜8/31
スカフタフェットルを8:30に出発し、キルキュバイヤルクロイストゥル(Kirkjubæjarklaustur)を経て、12:30にラーカギーガル(Laki Craters)へ到着するルート。
ラーカギーガルで3時間半ほど停車後、16:00に出発し、スカフタフェットルへは19:30に戻ることができる。
このバスについてのページへ
スカフタフェットルへの行き方は、スカフタフェットル国立公園のページを参照。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加