チョルトニン湖とその周辺

Thörnin

チョルトニン湖

チョルトニン湖はレイキャビクの中心にある湖。
鴨やあひる、白鳥などのたくさんの水鳥が棲んでいる。

レイキャビク市民の憩の場となっており、水鳥にパンなどの餌を与える家族連れなどを見ることができる。

冬には凍結し、アイススケートなどが楽しめるというが、越冬する水鳥のため、湖の一部分は温泉を混ぜて水温を上げ、凍結を防いでいるとのこと。

チョルトニン湖の近くには、古い建物の並ぶ旧市街や、国会議事堂、レイキャビク大聖堂などがあり、景観の美しい一帯。

チョルトニン湖に浮かぶように建っている近代的な建物は市庁舎。誰でも利用することができ、アイスランドの立体模型などがあり、ツーリスト向けのフリーペーパーなども置いてある。眺めの良いカフェもあり、市内観光の休憩にもってこい。

チョルトニン湖畔に建つ国会議事堂は、1881年に建てられた、玄武岩の外壁をもつ建物。国会は世界最古の民主議会の名前を残し、アルシングと呼ばれる。

国会議事堂の壁には、ドラゴン、鳥、牛、巨人の4つのレリーフが彫られている。昔デンマークがこの地を征服しようとした時に、それを防いだアイスランドの守護神なのだそう。守護神はアイスランドのコインにも描かれている。

チョルトニン湖とその周辺の地図

チョルトニン湖とその周辺の関連ページ

アイスランド写真アルバム│チョルトニン湖とその周辺』では、チョルトニン湖とその周辺の写真がご覧になれます。また、『アイスランド旅行記│4日目(レイキャビク市内観光)』では、チョルトニン湖を訪れた際の旅行記がご覧になれます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加