映画「LIFE!」ロケ地 in アイスランド

映画「LIFE!」(The Secret Life of Walter Mitty)を見てきました。面白かった!
元気をくれるストーリーと美しい映像にあっという間の2時間でした。
見終わってさわやかですっきりした気分になれる映画で、冒険に出たくなってしまいましたよ。

アイスランドも舞台となっていて、多くのシーンでアイスランドの風景が登場しました。
非現実的な風景のアイスランドは、ハリウッド映画でもロケ地として多用されていますが、SF映画以外で使われるのは珍しいですね。
映画の中ではグリーンランドやアフガニスタン、ヒマラヤが舞台となっているところも、アイスランドで撮影されているところもあり、景観の多様さの魅力を再発見できました。

「LIFE!」の撮影が行われたという場所を、行き方も含めてご紹介します。
(行き方、料金などは2014年3月時点の情報です。)

Seyðisfjörður(セイジスフィヨルズル)

Seyðisfjörður
映画を見た方なら、上の写真の風景には見覚えがあるはず。
ウォルターがスケボーで疾走するシーンは、アイスランド東部にあるセイジスフィヨルズル湾の最奥部にある港町セイジスフィヨルズルで撮影されました。
セイジスフィヨルズルは、19世紀中頃から交易地として栄え、今も当時の古い建物が残る風情ある町です。

セイジスフィヨルズルへ行くには

レイキャビクからは近くのエイイルススタージル(Egilsstaðir)まで飛行機で1時間。エア・アイスランドの便が1日数便運航しています。料金は片道7,500ISK〜。
タイムスケジュールなど詳細はエア・アイスランドのサイトでご確認ください。
エイイルススタージルからセイジスフィヨルズルまでFerðaþjónusta Austurlandsのバスで30分。1日数便運行しています。料金は1,050ISK。
タイムスケジュールなど詳細はVisit Seyðisfjörðurをご確認ください。

また、デンマークから直接フェリーでセイジスフィヨルズルへ入国することもできます。
4〜9月は、デンマークのエスビヤー(Esbjerg)、ハンストホルム(Hanstholm)からスミリル・ライン(Smyril line)というフェリーが運行されていて、フェロー諸島を経由し、セイジスフィヨルズルに到着します。
所要日数はフェロー諸島のトシュハウンでの停泊を含めて約2日。乗船人数などにより料金は変わりますが、ローシーズンに1人で乗船し、Shared cabin(寝台4つの相部屋)で178ユーロ。
くわしくはスミリル・ラインのサイトにて。

Stykkishólmur(スティッキスホールムル)

Photo by Jan Vrsinsky

スティッキスホールムルはスナイフェルスネース半島にあり、半島内では最大規模の港町。
『LIFE!』の中では、グリーンランドのヌークのシーンに使われたそう。

スティッキスホールムルから西部フィヨルド地域へのフェリーも運航されていて、スナイフェルスネース半島の交通の中心地。
1980年に建てられたスティッキスホールムル教会(Stykkishólmskirkja、上の写真左にある白い建物)が印象的。

スティッキスホールムルへ行くには

レイキャビクからSternaのバスがあります。SternaのバスはレイキャビクのメインバスステーションのBSÍではなくて、ハルパ(Harpa)から出発します。お間違えなく。
350番ルートで約2時間半。スティッキスホールムル(Olís Gas Station)で下車してください。
夏季は毎日運行、それ以外は週に2回運行となります。料金は片道6,100ISK。
タイムスケジュールなど、このバスについて詳しくはSternaを参照ください。

Grundarfjörður(グルンダルフィヨルズル)

Kirkjufell in the morning
スナイフェルスネース半島にある町。ウォルターがアイスランドに到着し、自転車を駆るシーンはここで撮影されました。
自転車で走るウォルターの背景に印象的な山が見えていましたが、おそらく町のランドマークのKirkjufell mountain(キルキュフェットル山)。「アイスランドで最も美しい山」とも言われています。
山のふもとを周回するハイキングは所要3時間ほどで、素晴らしい景色とバードウォッチングが楽しめるそうですよ。行ってみたい!

グルンダルフィヨルズルへ行くには

レイキャビクから行くと、上のスティッキスホールムルのちょっと先になります。
Sternaの350番ルートのバスで約3時間。グルンダルフィヨルズル(Shellのガソリンスタンド)で下車してください。
夏季は毎日運行、それ以外は週に2回運行となります。料金は片道6,200ISK。
タイムスケジュールなど、このバスについて詳しくはSternaを参照ください。

Höfn(ヘプン)

Photo by Bernard McManus
ヘプンはスカフタフェットル国立公園ヴァトナヨークトル氷河ヨークルスアゥルロゥンなど、南東部観光の拠点となる町。
またアイスランドを代表する漁港でもあり、水揚げされる魚の種類はアイスランド随一だそうです。
空港もあり、Life!の中ではグリーンランドの空港として使われていたのがヘプン空港です。
ちなみにWikipediaによると、国道1号線(リングロード)が通ってますが、ヘプンの前後100kmに村落は存在しないんだそうです。。。なんか空恐ろしい。

ヘプンへ行くには

レイキャビク空港からヘプン空港までEagle Airが運航しています。
所要時間は1時間ほど。運賃は片道12,400ISK〜。
タイムスケジュールなどくわしくはEagle Airのサイトをご確認ください。
夏季にはレイキャビクからバスも運行しますが、8時間半ほどかかります。

Garður

レイキャネース半島にある漁村。
ウォルターがヘリから海へダイブするところはこちらの海で撮影されたそうです。

訪れるとすると、レンタカーで行くか、ケプラヴィーク空港から近いので、空港からバスを乗り継ぐと行けるようです。
バスについて詳しくはSBKのサイトにてご確認ください。

Kálfafellsdalur

Kálfafellsdalurはバトナヨークトル国立公園に含まれる険しい谷間。
ウォルターがヒマラヤへの向かうシーンはこちらで撮影されたもよう。
個人で行くのは難しそうです。

以上、映画『LIFE!』のロケ地といわれている場所を一部ご紹介しました。

ロケ地を調べるにあたり、ガイドブックにも載ってない場所をたくさん見ることになりましたが、あらためてアイスランドの特異な景観と、北の独特の雰囲気の魅力を感じることができました。
いつか小さな漁村にも行ってみたいなぁなどと、あらたな旅の空想が広がりつつあります。
一歩踏み出して、現実に行けるのは、いつのことになるやら…

映画「LIFE!」オフィシャルサイト

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加