ラングヨークトルにIceCave。今夏オープン

アイスランドで第二の大きさを誇る氷河、ラングヨークトル(Langjökull)にトンネルを掘る工事が進んでおり、今年の夏に完成・オープンするもようです。

このアイストンネルはラングヨークトルの西側に、氷河の表面から約30m下を200〜300mの長さで掘り進められています。
アイストンネルの中には、レストランや展示室、結婚式が行えるチャペルなどが作られ、「Ice Cave」として新たな観光名所になると期待されています。
ヴァトナヨークトルにある氷の洞窟も絶景として有名ですが、氷の安定する冬季にしか行けず、レイキャビクからも遠く、そうそう行けませんので、レイキャビクから日帰りできるこのIceCaveは、新しいアイスランドの名所として人気を集めることでしょう。年間3万人の誘致を見込んでいるそうです。

ラングヨークトルの場所

ラングヨークトル氷河はアイスランド西部内陸部に位置しており、海抜1200〜1300m、大きさは953平方キロメートルで、アイスランド国内ではヴァトナヨークトル氷河に次ぐ大きさです。

アイストンネルのバーチャルツアー動画

レイキャビクからIce Cave(アイスケイブ)を訪れるツアーもいくつかWEBサイトに掲載されています。
最も充実している内容のツアーをご紹介すると、
・レイキャビクからバスで出発(英語ガイダンスあり、ホテルピックアップあり)
デイダルトゥングクヴェール(deildartunguhver)ヨーロッパ最大の源泉
フロインフォッサル(hraunfossar)絶景の滝
・フーサフェットル(Husafell)にて昼食
・ラングヨークトル(Langjökull)を八輪駆動モンスタートラックでIce Caveへ
・カルディダールル(Kaldidalur)山岳道路
シンクヴェトリル国立公園
グトルフォス
ゲイシール

14時間の長ーいツアーですが、見どころてんこ盛り!
料金は、以下のとおり。
大人:38900 ISK、12〜15歳:半額、11歳以下:無料
(昼食代は料金に含まれません)
ゴールデンサークルは別の日にゆっくり回りたい、という方は、ゴールデンサークルを含まないツアー(29900 ISK)もあります。

内陸部へ行くため、6月〜8月末もしくは10月末までのツアーとなります。
この時期にアイスランドを訪問される方はぜひ行ってみてください!

Ice Cave Webサイト:http://intotheglacier.is/

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加